知っておきたい!入居申し込みについての基礎知識

入居申込書とはどんなものか?

気に入った部屋に入居を申し込むときは、まず「入居申込書」という書類を不動産会社へ提出する必要があります。住所・氏名・職業などを細かく記入するような書式になっているのが一般的です。また、この書類はあくまでも入居する意思があることを確認したり、申し込み内容を審査するためのものなので、いわゆる入居の契約とは違うということを知っておきましょう。基本的には入居する意思があるときに提出するものですが、何らかの事情で入居できない場合は、申し込みをキャンセルすることも可能です。

入居の申し込みに必要なものは?

入居の申し込みには、申込書のほかにも、身分証や収入証明などを用意する必要があります。身分証としては、運転免許証や保険証が必要ですが、場合によっては保険証でないと認められないケースもあると言われています。そして収入証明については、勤務先にお願いしてから発行されるまでに時間がかかる場合もあるので、部屋探しを始めるときは、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。さらに、場合によっては「預かり金」を支払わなければならないケースもあります。

入居審査はどのように行われるのか?

入居の申し込みが済んだあとは、申込書の内容をもとにして入居審査が行われます。期間としては、数日~1週間程度かかると言われており、実際に入居できるかどうかがその時点で分かります。審査では、本人の勤務先や連帯保証人への電話確認を行って、申込書にウソがないかどうかなどが調べられます。審査の基準は、それぞれの大家さんや管理会社によって違いますが、多くの場合、収入に見合った家賃かどうかという点が重視されると言われています。

札幌の賃貸マンションの交通アクセスの良さについては、近隣のビジネスマンや学生からの圧倒的な注目が集まっています。