飲食店を開業しようとする時の注意点として

資格は実は少ないです

飲食店をする、というのは意外とハードルが低いです。毎年、多くの人が飲食店経営の乗り出しています。脱サラして、というのが多いのは容易に出来る部分が沢山あるからです。資格も実はそんなに難しいわけではないです。調理師免許は必須ではなく、問題となるのは衛生管理に関する資格です。正確に言えば講習を受けるだけでよいです。飲食店は保健所の許可が必要になりますから、その手の講習はいくつか受けることになります。そして、開業へと扱ぎ付けます。

店舗を決めることの注意点

飲食店ではどこで開業をするのか、と言うのがとても重要です。人がわざわざ遠くまで足を運んでくれるタイプの飲食店もありますが、極めて稀です。あくまで重要なのは立地です。小売業では半径2キロメートルが商圏とされていますが、飲食店はもっと狭いです。歩いてくることができるところに行くのが普通であるからです。ビジネス街が人気になる理由はそこです。確実に需要があり、商圏が狭くてもとりあえず入ってくれる人が多いです。

リピーターを作ること

飲食店の立地としては、人が多い所がよいのは当たり前ですが、問題はそこでのリピーターを作れるかどうかです。一見さんのみでは意味がないからです。そこの土地で求められる食事と言うのがあります。自分の開業したい飲食店と言うのは何に該当するのか、を考えた方が良いです。ラーメン屋とフランス料理店ではそもそも食べにくる層が違うわけです。そこを意識して、借りる、或いは買う物件をよく考えることです。それに飲食店ですから調理場の広さも必要です。

築年数が長い店舗物件は家賃が安いことが多く、すぐに入居できる所もあります。その一方で配線や配管などの設備が劣化している可能性があるので、事前に下見を行って状態を確認することがトラブル回避の心得です。