フロア選びの大切さを知ろう!何階に住むのが好み?

賃貸選びに大切なフロア選び

賃貸マンションを選ぶときに重要な項目の一つとしてフロア選びがあります。1階に住む人もいれば高層階を好む人もいるでしょう。間を取って2階か3階を選ぶ人もいますが、何を基準にして考えたら良いのでしょうか。上の階になるほど見晴らしが良くて日当たりや風通しも良くなると期待できるので、賃貸マンション選びの際には人気があります。しかし、低層階に住むのにもメリットがあるのでよく比較して自分の好みに合わせて選ぶようにしましょう。

アクセスの良さを考えると低層階

マンションのフロア選びで地上へのアクセスの良さを考えると低層階の方が良いという考えに帰着します。高いフロアから階段で降りるのは大変であり、エレベーターを待たなければならないでしょう。通勤時間帯になると特にエレベーターが混み合って待ち時間が長くなったり、各階に止まってしまって降りるのに時間がかかったりします。郵便受けに新聞や郵便を取りに行くのすら遠く感じる可能性があるので、低層階を好むという人も多いのです。

防犯性を考えるとある程度の高層階が有利

賃貸マンションを借りるときに防犯性を重視するなら高層階の方が有利です。2階程度までならベランダからの侵入が可能ですが、それ以上になると困難が生じます。地上へのアクセスとのバランスを取って中層階を選ぶ人も多くなっているのが実情です。価格面では高層階の方が高くなりがちなので、中層階から低層階を選んでおいた方が良いという視点もあるでしょう。安心して暮らせるようにするにはある程度の高層階を選び、他とのバランスを取るのが大切です。

旭川市の賃貸を選ぶコツをつかむために、各業者のおすすめの物件の価格相場を見極めることが成功につながります。